特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

船外に出た乗員130人 病院・空港にも クラスター発生の長崎クルーズ船

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三菱重工長崎造船所に停泊する「コスタ・アトランチカ」。22日に乗員34人の新型コロナウイルス感染が判明した=長崎市で2020年4月21日午前10時32分、本社ヘリから津村豊和撮影
三菱重工長崎造船所に停泊する「コスタ・アトランチカ」。22日に乗員34人の新型コロナウイルス感染が判明した=長崎市で2020年4月21日午前10時32分、本社ヘリから津村豊和撮影

 長崎県は22日、長崎市の三菱重工業長崎造船所香焼(こうやぎ)工場に停泊中の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」(イタリア船籍、8万6000トン)で、乗員34人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち外国籍の40代男性が同日、重症化の恐れがあるとして市内の病院に搬送された。県は船内でクラスター(感染者集団)が発生したとして、感染経路などを調べている。

 県によると、19日にクルーズ船を運航する会社から「乗員1人が発熱した」と保健所に相談があり、20日に外国籍の乗員1人の陽性を確認。57人に濃厚接触の可能性があるとしてPCR検査を実施していた。中村法道知事は22日、自衛隊に災害派遣要請した。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文839文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集