メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナショックの現場から

「ウイルスは日本人も外国人もない」 無保険でおびえる非正規外国人に滞る支援

在日外国人の医療支援活動をしている北関東医療相談会の長澤正隆事務局長=2020年1月6日午後3時46分、井田純撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大は、非正規滞在の外国人らの健康管理にも影響を及ぼしている。NPO法人「北関東医療相談会(アミーゴス)」は1997年から、健康保険に未加入や経済的に苦しい外国人を対象に、関東各地で医療相談会と銘打った健康診断活動に取り組んできたが、中止せざるをえない状況になっている。事務局長の長澤正隆さん(66)に現状と危惧していることについて聞いた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2130文字(全文2332文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 幻の「逆転2ラン」が招いたボーンヘッド 東邦ガスの好調打線が悔やんだミスとは 都市対抗

  3. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  4. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです