メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田賢治のここだけの話

大学入試改革と新型コロナウイルスで来年入試はどうなる?

新型コロナウイルスの感染拡大で就活戦線も様変わり。企業説明会も対面からテレビ通話が利用されている=大津市瀬田の就活スペースで

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大と、それを防ぐために発令された緊急事態宣言で、多くの大学が学内に立ち入ることを禁じている。そのような中で、子どもを自宅外から大学に通わせている保護者から、大学への問い合わせが増えている。一方、来春以降に子どもの受験がある家庭では、自宅から地元の大学へ通わせたい、という保護者が増えているという。折しも、来年の入試から新たに大学入学共通テストもスタートする。受験生はどんな心構えで臨めばいいのだろうか。

 今の受験生は、将来の就職を考えながら大学・学部を選ぶことが当たり前になっている。新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的に経済活動に陰りが見られる中、就活戦線の動向が、志望校選びにも多大な影響を与えそうだ。

 ここ数年、売り手市場だった就活戦線は、間違いなく買い手市場へと180度変わることだろう。中でも事務系の採用が減る。そうなると、過去のバブル経済の崩壊、リーマン・ショック後と同様に、就職率が高い理系人気が高まることだろう。

 さらに、通例であれば、就職に強い資格取得ができる医療系人気も高まるはずだ。しかし、新型コロナウイルスの猛威により、医療従事者への院内感染も多数報告される中、志望に二の足を踏む受験生が出てくることも予想され、この系統の動向は不透明だ。

 感染拡大がいつ終息するかは、現段階では全く見通しが立っていない。各大学ともオープンキャンパスの日程変更を迫られたり、オンラインでの実施に切り替えたりするところが続出している。総合型選抜・学校推薦型選抜(AO・推薦入試)の実施時期も繰り下げられることが確実な情勢だ。それだけに、今年の受験生は一般入試への対策を中心に据えながら、受験対策を考えていく必要がありそうだ。【大学通信常務取締役】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです