連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

日韓の演劇人シンポジウム 違い知り交流継続を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「現代日本戯曲リーディング公演」が開かれたソウルの南山アートセンター
「現代日本戯曲リーディング公演」が開かれたソウルの南山アートセンター

 日韓演劇交流センター(大笹吉雄会長)と韓日演劇交流協議会(シム・ジェチャン会長)が現代戯曲を介した草の根交流を続けている。ソウルで9回目となる「現代日本戯曲リーディング公演」が2月に開かれた。日韓演劇人によるシンポジウム「韓日演劇交流の未来」もあり、熱心に意見が交わされた。

 シンポには韓国側から国民日報のチャン・ジヨン記者、インディペンデントプロデューサーのコ・ジュヨン、日本側は温泉ドラゴンのシライケイタ、太田昭・日韓演劇交流センター事務局長が出席。

 昨年は「史上最悪」と言われた両国の関係だが、シライは「お互いの作品を見合うだけではなく、共同制作の必要性、重要性がさらに高まる。困難を乗り越えて共に作品を作ることこそ真の文化的交流」と今後のあり方を示唆した。また、チャン記者は演劇交流の歴史を振り返り、「韓国は民主化など重いテーマが多いが、21世紀に入って大きな物語が成り立たない時代になった。繊細に描く日本の戯曲の人気は高い」と指摘。一方で、「最…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文641文字)

あわせて読みたい

注目の特集