メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

下館ラーメン 筑西市 あっさりしてコクもある

「盛昭軒」のラーメン。鶏チャーシュー、小松菜、三角のり、メンマ、刻みネギ、なると、糸で飾り切りしたゆで卵がのっている。スープは澄んだこはく色だ=茨城県筑西市の盛昭軒で

 筑西市は筑波山の西側にあり、1市3町が合併して2005年に誕生した。下館ラーメンは、その中心都市だった旧下館市の名を冠したご当地ラーメンである。

 鶏肉チャーシューと、鶏ガラベースの濃い口しょうゆスープが特徴だ。そのアイデアには時代と下館の文化が深く関わっている。

 誕生は戦後間もない昭和20年代前半とされる。当時はまだ豚肉が高価だった。また、商都だった下館では、商人は食事作りがままならないほどの繁盛ぶりで、出前文化が発達したという。

 そこで安価な鶏肉が採用された。また、出前で時間がかかっても味を損なわないよう、麺は伸びにくい少加水麺を使い、スープの上は鶏の油膜で覆って冷めないようにした。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです