メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ経済 感染防止、売り上げ両立へ 時短の焼き鳥屋、居酒屋 持ち帰りにシフト /神奈川

店先にテークアウトコーナーを設けた「炭火焼鳥 一鳥」=横浜市港南区で

 新型コロナウイルス感染拡大で営業時間を短縮している焼き鳥屋や居酒屋では、テークアウト(持ち帰り)販売に移行するケースが目立つ。客が店内での飲食を敬遠するためで、店内営業を休止した店もある。収束が見えない中、感染防止と売り上げ確保の両立に向けた切実な模索が続く。【小出禎樹】

 横浜市港南区の「炭火焼鳥 一鳥」は、県が営業時間短縮の要請を公表した10日、店先に配膳台を置きテークアウトコーナーを作った。店内での提供は客への感染防止のため取りやめている。営業時間は午後3~8時で、買ってくれた客に自慢の鶏スープをサービス。買い物帰りの主…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです