メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新庁舎敷地に弥生後期集落跡 池田遺跡関連の可能性も 昨年、市教委が発掘調査 大和高田 /奈良

新庁舎建設現場で出土した弥生時代後期の土器=大和高田市土庫の市郷土資料室で、稲生陽撮影

 2021年3月の完成を目指して建設工事中の大和高田市役所新庁舎(同市大中)で着工直前の19年夏、敷地の発掘調査で、市内では珍しい弥生時代後期の集落跡が見つかっていたことが分かった。精巧な形象埴輪(はにわ)が出土したことで知られる近くの「池田遺跡」(同市池田)に関係する可能性もあるという。着工が迫っていたため市は調査結果を公表しておらず、出土品の展示予定もないという。【稲生陽】

 現場は現庁舎の北東にある新庁舎予定地で、着工前の昨年4~7月、市教委生涯学習課が約1300平方メートルを調査。鎌倉~室町時代の農地跡の下層から、弥生時代後期の集落跡が見つかった。集落跡では、農耕用の溝や井戸の跡など生活の痕跡が確認され、溝からは、祭具の高坏(たかつき)や甕(…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです