メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 浜口梧陵の生誕、記念シンポ中止 広川町 /和歌山

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、広川町は6月14日に予定していた浜口梧陵生誕200年記念シンポジウムと、同15日の式典の中止を決めた。

 浜口梧陵は1820年、現在の広川町で生まれ、「稲むらの火」の故事で知られる。町は2019年9月、有識者らによる「生誕200年未来会議」を発足させ、さまざまな企画を練ってきた。20年10月以降のイベントについては、今のところ実施する予定。【最上聡】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜島が噴火 噴煙5000メートル 昨年11月以来 噴石など注意呼びかけ

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 気分は忍者! オニバスの葉に乗る体験会 滋賀の植物公園

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです