新型コロナ 防護服の着脱学ぶ 県西部の9市町村職員ら /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防護服着用を体験する参加者ら=南部町ふるさと交流センターで、柴崎達矢撮影
防護服着用を体験する参加者ら=南部町ふるさと交流センターで、柴崎達矢撮影

 新型コロナウイルス感染症対策を学ぶ講習会が17日、南部町ふるさと交流センター(同町福成)であり、県西部9市町村の職員約70人が防護服の着脱を体験するなどした。

 陸上自衛隊米子駐屯地の自衛官が講師を務め、防護服を脱いだり手袋を外したりする際に「汚れた面に触らないよう気を付けて」などと説明。日吉津村福…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集