メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国批判と米大統領選=坂東賢治

 <moku-go>

 「トト、ここはカンザスじゃないみたい」。米映画「オズの魔法使」(1939年)で米中西部カンザス州の田舎町に住む少女、ドロシーが竜巻で色鮮やかな魔法の国に飛ばされ、抱きかかえた愛犬のトトにつぶやく言葉だ。

 最も有名な映画のセリフの一つともいわれ、パロディーにも使われる。米本土のへその位置にあり、隔絶されたカンザスのイメージがセリフにも投影されているのだろう。だが、1918年からのスペインかぜの世界的流行では最初に感染が広がった場所といわれる。

 ウイルスのカンザス起源説もあるが、これは諸説あり、100年を過ぎた今でも確定していない。近年、英軍や仏軍が第一次世界大戦時に後方支援のために雇用した中国人労働者によって広がったという中国起源説も提唱された。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです