メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

地滑り相次ぐ大規模盛り土 分布マップでまず自衛=畠山哲郎(特別報道部)

東日本大震災で地滑りを起こした盛り土造成地=福島市伏拝で2011年4月11日、釜井俊孝・京都大防災研究所教授撮影

 谷や斜面に土を盛って宅地にした大規模盛(も)り土(ど)造成地は全国5万1306カ所、総面積は琵琶湖の1・5倍に相当する約996平方キロに及ぶとする国土交通省の調査が3月末、ようやくまとまった。盛り土造成地は、地震で地滑りなどの被害が相次いでいる。昨夏以降、災害リスクを指摘する報道を続けてきたが、盛り土の上に住んでいることを意識する人は少なかった。私もそうだった。全国の状況が判明した今こそ、自分のまちを確認してほしい。

 JR秋田駅から東に約2キロ。350メートル続く坂を上った先の「桜台ニュータウン」に私の実家はある。20年前、高校生の頃に別の住宅地から家族で転居し、卒業で地元を離れるまで生活した。帰宅時に自転車で坂を上るのは一苦労だったが、高台から眺める景色は美しく、整備された公園や街路も好きだった。

この記事は有料記事です。

残り1529文字(全文1884文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです