メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ おなかに子、でも休めない 妊娠中の医療従事者、葛藤

医療機関の救急外来。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、妊娠中の医療従事者が休みを取るのが難しい事態が続いている=関係者提供

 新型コロナウイルスの感染拡大で、妊娠中の医療従事者から「感染リスクが高いのに、現場を離れられない」との声が上がっている。厚生労働省などは妊婦が休みやすい環境を整えることを求めているが、患者急増のなか、医師や看護師らが少ない地域では休むことが難しいケースもある。

 関東地方の病院に勤める、妊娠中の30代女性医師は救急医療の現場に立つ日々が続く。2月下旬から新型コロナに感染した疑いのある人も来院するようになった。同僚が配慮し、感染リスクを伴う検体採取は担当してくれるが、心配は尽きない。「保健所からの依頼による来院であれば、あらかじめ防護を強められるが、救急搬送の場合、全員に同じ対応はできない。特に意識状態の悪い患者の気管に管を入れる際、飛沫(ひまつ)を浴びる可能性が高くて危険だ」

 東京都内から救急搬送される患者も出てきた。「患者がさらに増えればリスクのある処置をやらなくていい保証はない」と憂える。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1300文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです