メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

コロナ、出回る不明確情報 「WHOに謝罪」「政府、大量死者隠蔽」 台湾「シェア」でも摘発

「台湾人を装った中国人によるフェイクニュースだ」と説明する調査部門の責任者、張尤仁氏=台湾北部・新北市で10日、福岡静哉撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、インターネット上でフェイクニュースや不確かな情報が飛び交っている。住民に深刻な影響を与えかねないケースや、国際世論の操作を狙ったとみられるものもある。特に台湾は「中国が流し、市民の不安を増幅させている」として、当局や民間団体が監視を強める。一方、日本で情報の真偽を検証する「ファクトチェック」は、まだ緒に就いたばかりだ。

 「台湾人を代表しテドロス氏への攻撃について謝罪します」――。9日、世界保健機関(WHO)の事務局長に謝る「台湾人」の言葉がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上に拡散した。新型コロナウイルスの情報共有が国際社会で必要なのに、台湾は中国の反対でWHO総会などにも出席できない。テドロス氏はその前日にジュネーブで開いた記者会見で、台湾人から「脅迫や人種差別発言を受けている」と自説を展開して…

この記事は有料記事です。

残り2230文字(全文2609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです