メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日 新型コロナ ウイルス持ち込ませない~盲老人ホームの取り組み~

 新型コロナウイルスは持病のある人や高齢者のリスクが高いとされている。感染症に対する抵抗力が弱い高齢者が集団で生活する場では、「コロナを持ち込ませない」と、職員らが細心の注意を払いながら暮らしに寄り添っている。

 埼玉県深谷市にある養護盲老人ホーム「ひとみ園」。約100人の入園者の多くは、身の回りのことは自分でする視覚障害のある高齢者だ。同園は3月から感染予防対策を取ってきた。職員は自宅で検温し、出勤すると玄関で指などをアルコール消毒。仕事中は手洗い、うがいなどを繰り返し、入園者と接する時はマスクをつける。「職員は休みの時も外出を控えるなど、持ち込むことがないよう気をつけている」と、施設を運営する日本失明者協会理事長の茂木幹央さんは説明する。この間に別の疾患で発熱した人がおり、園内に緊張が走った…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです