メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央省庁オンライン会議システム 5月にも統一 各省庁バラバラ、業務に支障

霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影

 政府は5月にも、中央省庁が他省庁や外部とオンライン会議をする際のシステムの統一を図る。組織の縦割りの弊害で、ばらばらにシステムが使われており、業務に支障が出ていた。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが広がるなか、環境改善が急務として統一にかじを切る。

 中央省庁は、他省庁や外部とつなぐオンライン会議システムについて、省庁間の調整がないまま、マイクロソフトの「スカイプ・フォー・ビジネス」やシスコの「ウェブエックス」などをばらばらに採用。同じ省庁内のオンライン会議は専用LANを使うため支障は無いものの、他省庁や外部の人も参加する場合は、システムに接続ができず、わざわざ他省庁に出向いたり、会議に参加できなかったりする職員が出…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです