メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中央省庁オンライン会議システム 5月にも統一 各省庁バラバラ、業務に支障

霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影

 政府は5月にも、中央省庁が他省庁や外部とオンライン会議をする際のシステムの統一を図る。組織の縦割りの弊害で、ばらばらにシステムが使われており、業務に支障が出ていた。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが広がるなか、環境改善が急務として統一にかじを切る。

 中央省庁は、他省庁や外部とつなぐオンライン会議システムについて、省庁間の調整がないまま、マイクロソフトの「スカイプ・フォー・ビジネス」やシスコの「ウェブエックス」などをばらばらに採用。同じ省庁内のオンライン会議は専用LANを使うため支障は無いものの、他省庁や外部の人も参加する場合は、システムに接続ができず、わざわざ他省庁に出向いたり、会議に参加できなかったりする職員が出…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです