メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

段ボールで「ウイルス飛沫」防げ 製造会社がパーテーション開発 山形

出羽紙器製作所が作成した段ボール製のパーテーション=山形県天童市で2020年4月21日、藤村元大撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が全国的に続く中、段ボール製造を手掛ける「出羽紙器製作所」(本社・東京都)の山形工場(山形県天童市清池東2)が、ウイルスの飛沫(ひまつ)感染を防ぐ段ボール製のパーテーション(仕切り)を開発した。

 パーテーションは組み立て式(重さ約680グラム)。高さ70センチ、横1メートル、厚さ10ミリの段ボールに脚部を組み込み、くりぬかれた中央部に透明のビニールのシートを張って…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです