特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで休業の市民救済へ 200人の非常勤職員募集 宮崎・延岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市独自の新型コロナウイルス対策を説明する読谷山・延岡市長=宮崎県延岡市の市役所で2020年4月21日、重春次男撮影
市独自の新型コロナウイルス対策を説明する読谷山・延岡市長=宮崎県延岡市の市役所で2020年4月21日、重春次男撮影

 宮崎県延岡市は新型コロナウイルス感染拡大の影響で勤め先が休業するなどした市民を救済するため、200人規模で市の会計年度任用職員(非常勤)として募集する緊急雇用創出事業を打ち出した。24日から応募を受け付ける。【重春次男】

 会計年度任用職員は非常勤職員の待遇改善のため、改正地方公務員法などで2020年4月からスタートした制度。市によると、対象は勤め先が休業したり、解雇されたりした市民の他、内定取り消しで市内の実家に帰省中の人や収入が著しく減少した人など。雇用期間は1~6カ月程度で、感染拡大の状況によって21年3月末までを限度に任期の更新も検討するという。

 業務は、道路・公園の草刈りや清掃▽書類や物品の整理▽施設の点検・調査▽データ入力、事務補助――があり、職種や勤務時間・日数は相談に応じる。他事業所での兼務も可。1日6時間半働き月20日間勤務した場合の給与は月約12万円で、勤務条件によって各種社会保険も適用する。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文738文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集