メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉知事「救急搬送の態勢整える」 「軽症」診断後に男性死亡

大野元裕知事=2020年4月7日、山越峰一郎撮影

 新型コロナウイルスに感染し「軽症」と診断されて自宅待機していた埼玉県内の50代男性が死亡したことについて、大野元裕知事は23日午前、報道陣に「ご遺族にはつらい思いをさせてしまい、お見舞い申し上げる」と話し、今後は救命体制の改善を進める考えを示した。

 県によると、男性は16日に感染を確認。容体は安定していたが、20日に発熱があり、21日に入院予定だった。しかし容体が急変し、救急搬送先の病院で同日死亡が確認さ…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです