メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「GW中の登山自粛を」 山小屋、登山道の閉鎖相次ぐ 地元に感染心配の声

昨シーズンは27万人が訪れた尾瀬国立公園。全てのビジターセンターや山小屋、公衆トイレが5月中旬までの休止を決めており、中には今シーズンの休業を決めた山小屋もある=群馬県片品村で2018年5月24日午後1時8分、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5月の大型連休中の登山を控えてもらうための動きが各地で強まっている。山岳関係4団体が自粛を求める共同声明を出したほか、現場では山小屋やテント場、登山道の封鎖や公共交通の運休が相次いでいる。地域経済への打撃は大きい。しかし、地元からは遠方から来た登山者による感染リスクを不安視する声も根強く、すでに今シーズンの休業を決めた山小屋もある。

 「都市を離れ、清浄な空気と自然を求めての登山やクライミング行為は、出先の方々への感染を広め、愛好者自身の感染リスクを高める」。日本山岳・スポーツクライミング協会▽日本勤労者山岳連盟▽日本山岳会▽日本山岳ガイド協会――の4団体は20日に出した共同声明の中でこう指摘し、「事態の収束を見るまで山岳スポーツ行為を厳に自粛して」と呼びかけている。

 日本勤労者山岳連盟の川嶋高志事務局長は「遭難事故が起きれば、逼迫(ひっぱく)する医療現場へ負荷をかけることになる」と指摘。「『3密』を理由に宿泊を休業したのに…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです