メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。おつまみや約100種類のお酒も勢揃い!

情報提供:おとなの週末

店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。

蕎麦前 ながえ(最寄駅:尾山台駅)

透明感溢れるつゆで二八をたぐる

合わせる酒は王道に日本酒でもいいけれど、焼酎の原酒や古酒なんて変化球にいくもよし。ゆるゆると酒盃を傾けたら、〆の温蕎麦にも胃袋をぐっとつかまれるのだ。本枯節と昆布でとったダシに、薄口と白醤油のかえしを合わせた、すっきりとキレのある琥珀色のツユが、酒の後の舌にしっとりなじんでくれる。自家製粉して二八で打った心地良い喉ごしに蕎麦をたぐる箸が止まらない。

鴨南蛮そば

1620円 67efa9badbe31941be14c38fd783a99a 蔵王産の合鴨は、自家製ダレと共に蒸し煮にして繊維の中まで味をしみ込ませている。添えてある2枚は酒のアテにするもよし、熱々の汁にくぐらせ蕎麦と共に味わうのもよし

花巻そば

1050円 1e1adbe21b1f5be98ee4845f443a24e6 蓋をあけた途端に立ち上る有明海苔の香りをまずは堪能したい。別添の本ワサビを汁に溶かせばさらに香りが膨らむ

蕎麦前セット

910円 2a50cd2a265f328285a92f21a7c0ea3a この日は焼き味噌、はりはり漬け、板わさ、金華鯖ハムの燻製、ワサビ茎のかえし漬けなど。昼から注文できるのも嬉しい f6ecc4fd07c33bbbdcea5ce6c464bb3c 花垣生酛純米70グラス750円、武勇酒蔵生酛純米グラス540円、やまと桜純米酒グラス540円。日本酒は約50種、焼酎は約40種を揃えている

お店からの一言

a2469eebd706afc46b2bb1fc2d1aa04d 店主 中溝伊織さん 「昼酒も大歓迎!つまみも揃えています」

蕎麦前 ながえの店舗情報

2cb04229e449721086e7c2fe3eda2c55 [住所]東京都世田谷区等々力4-9-3 M'sGarden尾山台1階 [TEL]03-3701-6050 [営業時間]11時半~14時(LO)、18時~21時(LO)※ランチタイム有 [休日]火、1/1~1/4 [席]カウンター席あり、全14席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急大井町線尾山台駅から徒歩2分 ※夜は酒とつまみの注文必須で、20歳以下は入店不可

電話番号 03-3701-6050
撮影/貝塚 隆 取材/菜々山いく子 2019年1月号発売時点の情報です。

関連記事

泰明庵(そば/銀座)|絶品の刺身と天ぷら、名蕎麦酒場はここにあり

手打そば わたる|酒呑みにはキラリと光る佳肴の数々兄弟が切り盛りする“蕎麦居酒屋”(そば/神保町)

ら すとらあだ(そば/中野坂上)|看板のない小さな蕎麦店

【閉店】料理人 江川|季節の美味や工夫を凝らした料理で旨い純米酒を飲る(そば/本郷三丁目)

はたり(そば/新富町)のグルメ取材記事


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです