連載

人生は夕方から楽しくなる

ベテラン記者が大人ならではの滋味ある話を求め、旬の人と語り合う大型インタビュー。人生が楽しくなるヒントをお届けします。金曜日更新。

連載一覧

人生は夕方から楽しくなる

シンガー・ソングライター 嘉門タツオさん 還暦迎え終活3部作 死んでも笑わせたい

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「昨日起きたことを、今日歌う。ずっと続けていきたいですね」=東京都港区の増上寺で、鈴木英隆撮影(浄土宗提供写真)
「昨日起きたことを、今日歌う。ずっと続けていきたいですね」=東京都港区の増上寺で、鈴木英隆撮影(浄土宗提供写真)

 ♪チャラリー 鼻から牛乳

 ご存じだろうか。男女の修羅場をかなりリアルに、コミカルに歌った1992年のヒット曲「鼻から牛乳」には、「冥土篇(へん)」がある。あの世に旅立った故人が、処分しそびれた「まずいメール」に焦ったり、遺産相続でもめる家族を眺めたりするシーンが描かれ、歌詞では故人がぽつり、「ちゃんと書き残しておいたらよかった」。ギリギリ、スレスレのネタを笑いに昇華する「職人芸」が持ち味。思い切り笑った後、うなずいてしまう説得力がある。

 「歌があるべきだと思えるものには歌を。年を重ねるにつれ、そう確信しています」とは本人の弁。話を聞きながらCDの歌詞カードに目を移すと、作詞・作曲の欄に「達夫」と「タツオ」が混在していた。2017年、カタカナに改名したという。なぜ?

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1716文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集