メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

シンガー・ソングライター 嘉門タツオさん 還暦迎え終活3部作 死んでも笑わせたい

「昨日起きたことを、今日歌う。ずっと続けていきたいですね」=東京都港区の増上寺で、鈴木英隆撮影(浄土宗提供写真)

 ♪チャラリー 鼻から牛乳

 ご存じだろうか。男女の修羅場をかなりリアルに、コミカルに歌った1992年のヒット曲「鼻から牛乳」には、「冥土篇(へん)」がある。あの世に旅立った故人が、処分しそびれた「まずいメール」に焦ったり、遺産相続でもめる家族を眺めたりするシーンが描かれ、歌詞では故人がぽつり、「ちゃんと書き残しておいたらよかった」。ギリギリ、スレスレのネタを笑いに昇華する「職人芸」が持ち味。思い切り笑った後、うなずいてしまう説得力がある。

 「歌があるべきだと思えるものには歌を。年を重ねるにつれ、そう確信しています」とは本人の弁。話を聞きながらCDの歌詞カードに目を移すと、作詞・作曲の欄に「達夫」と「タツオ」が混在していた。2017年、カタカナに改名したという。なぜ?

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  2. 神奈川で加速度的に感染者増 16日間で1万人増 入院せず療養5243人

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです