メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥海山ろく線、地域の情報提供 矢島駅に観光案内所 /秋田

 由利本荘市の鳥海山ろく線(羽後本荘―矢島間、23キロ)を運営する第三セクター・由利高原鉄道(萱場道夫社長)は、矢島駅構内に「秋田矢島・鳥海観光案内所」を新設した。社員が毎日交代して案内役を担当。翻訳機を新たに二つ導入し、外国人観光客にも対応する。矢島、鳥海地域を中心とした観光情報を提供し、地域のにぎわい創出につなげる考えだ。

 矢島駅にはこれまで観光案内所は設置されておらず、構内で売店「まつ子の部屋」を営む佐藤まつ子さんが、個人的にその役割を担っている状況だった。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです