メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ キスケが松山市にマスク5000枚を寄贈 子供らに配布 /愛媛

マスクを寄贈したキスケの山路大助・副社長(右)と市の西岡英治子ども・子育て担当部長=松山市役所で、土田杏奈撮影

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、松山市のアミューズメント会社「キスケ」が22日、同市に不織布マスク5000枚を寄贈した。近く市内55カ所の放課後児童クラブを通じ子供たちに配られる。

 マスクは元々、従業員用に確保していたもの。緊急事態宣言が愛媛県を含む全国に広がったためグループ全施設を臨時休業する…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです