メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮藤官九郎さんが伊丹十三賞 挑戦的な脚本評価 「いだてんは集大成」 /愛媛

宮藤官九郎さん=ITM伊丹記念財団提供

 伊丹十三記念館(松山市)を運営するITM伊丹記念財団(玉置泰理事長)は優れた表現活動をたたえる第12回伊丹十三賞を、脚本家、宮藤官九郎さん(49)に贈ると発表した。2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を手がけた。授賞理由は「チャレンジングな脚本によりテレビドラマの可能性を広げた」としている。

 劇団「大人計画」に1991年から参加し、脚本家、監督、俳優として幅広く活躍。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」や、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「タイガー&ドラゴン」など多くの脚本を手がけ、「いだてん」では日本が初めて参加した1912年のストックホルム五輪から64年の東京五輪までを舞台に、五輪関係者の歩みを描いた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです