連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

新型コロナ薬すぐに使えるの? 他の病気の薬が効果 治験データ確認必要=回答・渡辺諒

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型インフルエンザ薬として開発された「アビガン」=富士フイルムのウェブサイトより
新型インフルエンザ薬として開発された「アビガン」=富士フイルムのウェブサイトより

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の治療(ちりょう)に、いろんな薬が使われているようだね。

 記者 すでに他の病気に使われている薬のうち、いくつかの薬が新型コロナにも有効な「候補」として挙がっています。例えば、新型インフルエンザ薬として日本の富士フイルム富山化学が開発した「ファビピラビル(商品名アビガン)」は肺炎(はいえん)の症状を改善する可能性があると期待されています。同社が効果に関するデータを集めているほか、藤田医科大病院(愛知県)などが有効性と安全性を調べています。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文763文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集