メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

重体の実習生、在留1年延長 札幌入管「特定活動」扱い

 札幌市で2019年9月、脳出血で倒れて意識不明となり、3月末で在留資格の期限が切れていたベトナム人技能実習生のズオン・ゴツク・トゥさん(19)に対し、札幌出入国在留管理局は23日、1年間の在留延長を認めた。技能実習生としての資格を、特例として療養目的の「特定活動」に切り替えることで延長を可能とした…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです