プロ野球 新型コロナ 会食参加で感染 阪神・藤浪が反省「軽率だった」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
球団事務所で記者会見をする阪神の藤浪晋太郎投手=代表撮影
球団事務所で記者会見をする阪神の藤浪晋太郎投手=代表撮影

 新型コロナウイルスに感染し、療養していたプロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手(26)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が23日、代表取材による記者会見を開いた。感染後の取材対応は初めて。3選手のほか、一緒に参加した一般人3人にも感染者が出た3月14日の会食への出席について、藤浪は「非常に軽率だった」と反省を…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集