メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY州、270万人感染の可能性 抗体検査で陽性14% 2月にはまん延か

新型コロナウイルスの感染状況について記者会見で説明するニューヨーク州のクオモ知事=米ニューヨーク州の州都オールバニで2020年4月18日、AP

 米ニューヨーク(NY)州のクオモ知事は23日、新型コロナウイルスの感染歴の有無を調べるために実施した住民への抗体検査で、13・9%が陽性だったことを明らかにした。州人口で単純計算すると、公式に確認された感染者数の10倍超にあたる約270万人が感染していることになる。専門家は、NY州では2月には既にまん延していたと指摘している。

 検査は19日から州内の食料品店など40カ所で、買い物客など約3000人を対象に実施した。感染者が最も多いNY市では、5人に1人にあたる21・2%が陽性だった。ただ…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです