特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

タブレットやフェースシールド使い手話通訳 口の動き分かりやすく 兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タブレットを通して手話で相手に情報を伝える加西市の手話通訳士=加西市役所で2020年4月23日午前9時21分、関谷徳撮影
タブレットを通して手話で相手に情報を伝える加西市の手話通訳士=加西市役所で2020年4月23日午前9時21分、関谷徳撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、手話通訳時の感染を予防する取り組みが兵庫県加西市と加東市で始まった。手話は口元の動きや表情が情報伝達に欠かせず、マスク着用が難しいとされる。加西市は聴覚障害者の通院時に、医師の言葉を手話通訳者がタブレット端末を介して院内の別室で手話通訳する仕組みを導入した。

 市地域福祉課によると、手話通訳者に病院へ同行してほしいという要望が多かったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染を危惧して病院への同行をた…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集