メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消毒用に高濃度アルコール酒を 1本1300円で販売開始 岡山の酒造店

販売が始まった高濃度アルコール酒「酒蔵スピリッツ AL78」=岡山市中区西川原で2020年4月23日午前9時44分、戸田紗友莉撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で消毒用エタノールが品薄になっているのを受け、宮下酒造(岡山市中区西川原)は23日、消毒にも使える高濃度アルコール酒「酒蔵スピリッツ AL78」の販売を、本社そばの「酒工房 独歩館」の店頭とインターネットで開始した。一日100本程度ずつ、計2000本程度を販売する。

 消毒効果が高いとされるアルコール度数78度で、ほのかにレモンやユズの香りがする。水などで割って飲むこともできるが、消毒用エタノールの代用品として、手指などに吹きかけて使うことができ、感触もほぼ変わらない。

 宮下酒造ではこれまで高濃度アルコール酒の取り扱いはなかったが、1カ月ほど前から取引先や地元の医療関係者から要望があり、製造販売を企画した。揮発性が高いため製造には手間やコストがかかるが、少しでも需要過多の現状に貢献できればと、1本1300円(税抜き)で販売。原料の入荷が見込めないため在庫が無くなり次第終了の予定で、店頭・ネットともに1人1本ずつ販売となる。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです