メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まるで中にいるよう… 上野の国立科学博物館など3D撮影、VR映像に

 新型コロナウイルスの感染拡大により全国で臨時休館中の文化施設などを3Dカメラで撮影し、訪れられない人たちにインターネット上で映像を公開する活動が始まっている。実際に館内を歩くように見ることができ、担当者は「教育にも利用してほしい」と話す。

 3DやVR(仮想現実)の映像を制作する一般社団法人「VR革新機構」(東京都千代田区)が企画。2月末から臨時休館が続く国立科学博物館(台東区)では、大型動物などの復元骨…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです