特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

静岡県、対象施設に休業要請 協力金20万円支給 知事「今は来ないで」と強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「今は来ないで!静岡県」と県外の人たちに呼びかける川勝平太知事(左)=県庁で2020年4月23日午後3時23分、山田英之撮影
「今は来ないで!静岡県」と県外の人たちに呼びかける川勝平太知事(左)=県庁で2020年4月23日午後3時23分、山田英之撮影

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、静岡県は23日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて25日から5月6日まで県内全域の対象施設に休業要請することを正式に決めた。休業要請に応じる中小企業と個人事業主に協力金として20万円を支給する。対象事業者は約4万4000に上る見通し。【山田英之】

 県の感染症対策本部員会議で決定、川勝平太知事が記者会見で公表した。対象施設はキャバレー、ナイトクラブ、バー、カラオケボックスなどの遊興施設。マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターなどの遊技施設が含まれる。飲食店は入らなかった。

 原則として県が要請した25日から5月6日まで休業した事業者に20万円を1回に限って交付。複数店を経営する事業者も一律に20万円となる。28日の臨時県議会に提案する補正予算案を増額して対応。支給はゴールデンウイーク明け以降になる見込みだ。24日に県庁内に協力金に関する相談センターを設ける。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文912文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集