メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こにゃん市長7期ぶり「政犬交代」 保護犬出身5歳の白水、猫との熱戦制す

第10代こにゃん市長に当選した白水=湖南市観光協会提供

 滋賀県の湖南市観光協会が動物愛護と観光振興を目的に実施した「こにゃん市長選」の第10代市長に24日、5歳の雄犬「白水(いずみ)」が選ばれた。犬市長の誕生は7期ぶり2匹目で、「政犬交代」が実現した。

 市内で飼われている犬4匹、猫4匹が立候補。犬猫それぞれ1匹が辞退し、6匹で熱戦を繰り広げていた。白水…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです