こにゃん市長7期ぶり「政犬交代」 保護犬出身5歳の白水、猫との熱戦制す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第10代こにゃん市長に当選した白水=湖南市観光協会提供
第10代こにゃん市長に当選した白水=湖南市観光協会提供

 滋賀県の湖南市観光協会が動物愛護と観光振興を目的に実施した「こにゃん市長選」の第10代市長に24日、5歳の雄犬「白水(いずみ)」が選ばれた。犬市長の誕生は7期ぶり2匹目で、「政犬交代」が実現した。

 市内で飼われている犬4匹、猫4匹が立候補。犬猫それぞれ1匹が辞退し、6匹で熱戦を繰り広げていた。白水…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

あわせて読みたい

注目の特集