メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こにゃん市長7期ぶり「政犬交代」 保護犬出身5歳の白水、猫との熱戦制す

第10代こにゃん市長に当選した白水=湖南市観光協会提供

 滋賀県の湖南市観光協会が動物愛護と観光振興を目的に実施した「こにゃん市長選」の第10代市長に24日、5歳の雄犬「白水(いずみ)」が選ばれた。犬市長の誕生は7期ぶり2匹目で、「政犬交代」が実現した。

 市内で飼われている犬4匹、猫4匹が立候補。犬猫それぞれ1匹が辞退し、6匹で熱戦を繰り広げていた。白水…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. ORICON NEWS 『カワスイ 川崎水族館』17日グランドオープン “多摩川からアマゾン”の水辺を五感で体感

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです