特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

福井県内で初感染の会社社長が復帰会見 「3密回避を徹底して」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染症治療を終えて退院後、初めて記者会見する日華化学の江守康昌社長=福井市大手3の福井県繊協ビルで2020年4月24日午後1時3分、大原翔撮影
新型コロナウイルス感染症治療を終えて退院後、初めて記者会見する日華化学の江守康昌社長=福井市大手3の福井県繊協ビルで2020年4月24日午後1時3分、大原翔撮影

 福井県内で最初に新型コロナウイルスに感染したことが判明した化学メーカー「日華化学」(福井市)の江守康昌社長が24日、退院後初めて同市内で記者会見した。江守社長は冒頭に「地域や社員、その家族に不安を与え、深くおわびする。治療期間中お世話になった行政や病院の関係者に心からお礼申し上げる」と述べた。

 会見は業務や福井経済同友会の代表幹事などの公職に復帰したこと、医療機関などへの感謝の気持ちを発信する目的で開いた。退院後はテレワークで仕事をしており、今後も同様の形で業務に臨む。

 江守社長は3月6~8日、10~12日に東京出張した後、12日に37度台の発熱があった。その後一旦下がったため、16、17日に出勤。17日夜の会食中に発熱や激しい悪寒、味覚障害といった症状が出た後、18日に陽性と判明し、感染症指定医療機関に入院。4月3日に退院した。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1185文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集