特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪市が指摘後も陽性の看護師2人に夜勤指示 130人感染なみはや病院

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
医療従事者と患者の新型コロナウイルス感染が確認された「なみはやリハビリテーション病院」=大阪市生野区で2020年4月19日午前10時13分、久保玲撮影
医療従事者と患者の新型コロナウイルス感染が確認された「なみはやリハビリテーション病院」=大阪市生野区で2020年4月19日午前10時13分、久保玲撮影

 約130人に及ぶ新型コロナウイルスの院内感染が発覚した「なみはやリハビリテーション病院」(大阪市生野区、120床)が陽性となった看護師を勤務させていた問題で、別の看護師1人も同様に働いていたことがわかった。感染した職員を働かせないよう、市から指摘を受けた後に2人を勤務させていたことも新たに判明。病院側は要員不足を理由に挙げている。市は23日付で2日連続となる行政指導を実施。悪質な運営と判断し、さらに問題がないか調査を続ける。

 市の関係者によると、新たに勤務が発覚した看護師は20日、PCR検査(遺伝子検査)で陽性と確認され、自宅療養となった。しかし、21日夜の要員が見つからず、上司は看護師に夜勤に入るよう指示。自宅から呼び出した。病院側は市の調査に事実関係を認め、「代わりの看護師をなかなか手配できず、やむを得ず勤務をお願いした。他に同様の例はない」と答えたという。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文617文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集