メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療と重症化リスクの関係は 専門家「症状や治療内容で異なる」 冷静な対応呼びかけ

女優の岡江久美子さん

 昨年末に初期の乳がんを患った女優の岡江久美子さんが23日、新型コロナウイルス感染による肺炎で死去し、がんと感染症の重症化の関係に注目が集まっている。がん患者は、抗がん剤の使用によって重症化のリスクが高いとも指摘されるが、専門家は「それぞれの症状や治療内容によって異なる。感染予防を徹底し、不安な場合には主治医と相談してほしい」と、冷静な対応を呼びかける。

 所属事務所によると、岡江さんは昨年末に手術をし、今年1月末から2月末まで放射線治療を受けていたという。2年前に乳がんの手術を受け、その後放射線治療を受けた東京都の女性会社員(59)は「岡江さんと似た立場だったので、涙が出るほどショックだった。患者仲間の間では、治療に新型コロナ感染拡大が重なり、精神的に不安定な状態が続いている人が多い。悩みを打ち明けられるような相談窓口がほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです