メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん治療と重症化リスクの関係は 専門家「症状や治療内容で異なる」 冷静な対応呼びかけ

女優の岡江久美子さん

 昨年末に初期の乳がんを患った女優の岡江久美子さんが23日、新型コロナウイルス感染による肺炎で死去し、がんと感染症の重症化の関係に注目が集まっている。がん患者は、抗がん剤の使用によって重症化のリスクが高いとも指摘されるが、専門家は「それぞれの症状や治療内容によって異なる。感染予防を徹底し、不安な場合には主治医と相談してほしい」と、冷静な対応を呼びかける。

 所属事務所によると、岡江さんは昨年末に手術をし、今年1月末から2月末まで放射線治療を受けていたという。2年前に乳がんの手術を受け、その後放射線治療を受けた東京都の女性会社員(59)は「岡江さんと似た立場だったので、涙が出るほどショックだった。患者仲間の間では、治療に新型コロナ感染拡大が重なり、精神的に不安定な状態が続いている人が多い。悩みを打ち明けられるような相談窓口がほしい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです