メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「消毒代用」高濃度アルコールに注文殺到 高値転売も、国税庁ピリピリ

新型コロナウイルス感染拡大の影響でアルコール消毒液が不足する中、山梨県大月市の「笹一酒造」が、代替品として使用できるアルコール度数77%のスピリッツ「笹一アルコール77」を製造している。医療機関などにも供給し、一般向けには併設する直売店などで数量限定だが購入できる。500ミリリットル入りで税込み1320円。天野怜社長は「別業種でもできることを考えれば新型コロナと闘える」と話した=23日

 新型コロナウイルスの感染拡大でアルコール消毒液が不足する中、各地の酒造会社や大手メーカーが、消毒に代用できる高濃度のアルコールの製造に乗り出している。政府の規制緩和を受けたもので、医療機関だけでなく一般向けにも販売したところ、注文が殺到している。ただ、インターネット上で高値で転売されるケースもあり、国税庁は「酒税法に違反する可能性がある」と警告している。

 岩手県二戸市の酒造会社「南部美人」は28日から順次、アルコール度数77%と65%の高濃度アルコールの販売を始める。近くの病院などに約1万本を供給する予定という。久慈浩介社長は「病院が消毒液不足で困っているのを知り、力になりたいと思った」と話す。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです