特集

ALL FOR 2020

東京オリンピック・パラリンピックの特設ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」では、五輪を目指すアスリートの情熱を紹介する「Passion」、彼らと共に歩み、そばで支える人たちを描く「Together」、さまざまな分野で活躍する人たちに大会への思いを聞く「東京・わたし」などを展開します。

特集一覧

Passion

1年延期は「絶好調時のケガのよう」 パラ界屈指の表現者 芦田創の「自己超越」㊤

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2017年にあった東京パラリンピックのカウントダウンイベントで選手を代表して抱負を述べる芦田創。東京大会の目玉選手の一人だ=東京都江東区で2017年8月25日、和田大典撮影
2017年にあった東京パラリンピックのカウントダウンイベントで選手を代表して抱負を述べる芦田創。東京大会の目玉選手の一人だ=東京都江東区で2017年8月25日、和田大典撮影

 新型コロナウイルス感染拡大による東京パラリンピックの開催延期を受け、陸上男子走り幅跳び(切断などT47)のメダル候補、芦田創(トヨタ自動車)が毎日新聞に手記を寄せた。動画や文章の投稿サイトで積極的に近況を報告するなど、パラスポーツ界屈指の発信力を持つ26歳。突然の延期に戸惑いながらも、前向きに状況を打開しようとしている。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1608文字)

【ALL FOR 2020】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集