メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍でも毎日の芝管理は必須 グラウンドキーパーに聞いた現状

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でサッカーのJリーグが中断し、各クラブの活動は停止しているが、スタジアムや練習場の芝の管理に休みはない。新旧の国立競技場や味の素スタジアム、J1FC東京の小平グラウンド(いずれも東京都)、Jヴィレッジ(福島県)などの芝を管理してきたグラウンドキーパーの池田省治さん(67)に電話取材で近況を聞いた。

 富山県出身の池田さんは1984年に芝管理会社「オフィスショウ」(東京都港区)を設立。米プロフットボールNFLのグラウンドキーパーに師事し、NFLの優勝決定戦スーパーボウルでもメンテナンスを経験した。同社のスタッフは約40人。関東一円のサッカー場やラグビー場の芝を管理している。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです