メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 休業協力金は設けず 県「遊興・遊技」に正式要請 他業種「3密」回避で県独自協力金 /愛媛

 中村時広知事は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内の遊興・遊技施設に対し27日から5月6日まで休業要請を行うことを正式に発表し、詳細を明らかにした。休業要請に対する協力金は設けず、「3密(密閉・密集・密接)」回避に取り組む事業者に5万円を支給するなど総額約20億円の「『愛顔(えがお)を守ろう!』えひめ版協力金パッケージ」を打ち出した。【木島諒子】

 休業要請をする業種は、キャバレー▽ナイトクラブ▽ダンスホール▽スナック▽バー▽パブ▽カラオケボックス▽ライブハウス▽ネットカフェ▽漫画喫茶▽場外車(舟)券売場▽射的場▽性風俗店――の遊興施設と、マージャン店▽パチンコ店▽ゲームセンター――の遊技施設。

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです