メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 変容するラマダン 集会禁止、断食は義務 中東

マスクを外してモスクで祈りをささげるイスラム教徒の男性=タイ・バンコクで24日、ロイター

 中東などのイスラム圏で24日、ラマダン(イスラム暦の断食月)が始まった。約1カ月間、イスラム教徒は子供や病人、妊娠中の女性などを除き、日の出から日没まで飲食を断つ。日没後は家族や友人でにぎやかに食事をするのが伝統で、宗教コミュニティーの団結が強まる時期だが、今年は新型コロナウイルスの流行で集団礼拝が禁じられる国もあり、変容を余儀なくされている。

 イスラム教の2大聖地であるメッカとメディナを擁するサウジアラビアは、ラマダン中もモスク(イスラム教の礼拝所)ではなく自宅での礼拝を呼びかけている。サルマン国王は声明で「聖なるラマダン中に集団礼拝ができないのは悲しいことだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです