特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

優生救済法成立1年 一時金認定529件のみ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた障害者らへの救済法が成立してから、24日で1年を迎えた。救済法に基づく一時金の認定件数は伸び悩んでいるが、立法過程で議論された被害者へ直接通知する制度に見直す動きはない。

 救済法は、不妊手術を強制された障害者らを救済するため、超党派の議員連盟などによる議員立法で昨年4月に成立した。前文で被害者に対する「おわび」を明記し、国が一律320万円の一時金を支払うのが柱だ。厚生労働省に残る資料では旧優生保護法に基づく不妊手術は約…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集