メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリンピックハンコを限定販売 野球やバレーなど18種類 愛知のメーカー

18種類の中から好きな図案を選び、自分の名前も入れられる=渡辺隆文撮影

 愛知県岡崎市中町のゴム印メーカー「ウメモト」が、2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと、「聖火リレーハンコ」を100個限定で販売している。

 直径1・25センチの印面に、野球や卓球、バレーボール、マラソンなどの競技種目や聖火ランナーなどを図案化した。18種類あり、自分…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです