福島の409世帯、原発ADR打ち切り 東電が和解拒否

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発=本社ヘリから手塚耕一郎撮影
東京電力福島第1原発=本社ヘリから手塚耕一郎撮影

 福島市大波と伊達市霊山町雪内・谷津両地区の住民1241人(409世帯)が東京電力福島第1原発事故による慰謝料の増額を求めた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、国の原子力損害賠償紛争解決センターが手続きを打ち切った。住民側代理人が公表した。

 打ち切りは2019年12月25日付。3地区はいずれも一部が特定避難勧奨地点に指定されていた伊達市霊山町小国地区に近接し、放射線量も比較的高…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集