メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化にも危機感持って SNSで「デジタル気候マーチ」 全国から若者が発信

ビデオ会議システムを使って地球温暖化対策を訴える若者たち=国際環境団体「350.оrg」提供

 温暖化対策の強化を訴える全国の若者が24日夕、インターネット上で「デジタル気候マーチ」を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、当初予定していた街頭ではなく、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で初めて実施。若者らは自宅でカメラ付きパソコンなどに向かい、日本政府などに対策の強化を迫った。

 「Act on Science(科学に基づいた行動を)」「みんなの愛で気候危機を食い止めよう」

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 東京都で新たに20人の感染確認 5日連続10人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです