メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染者差別の防止策検討を 山中教授らが新聞協会などに要望書

山中伸弥・京大iPS細胞研究所長=提供写真

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授らは24日、日本新聞協会や日本民間放送連盟に、感染者や医療従事者への差別や偏見を防ぐための方策を共に検討するよう求める要望書を送ったと明らかにした。

 山中教授や押谷仁東北大教授ら4人の連名の要望書は、台湾や香港では、2002年…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した74歳を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「グリー」出演女優の遺体を発見 米西部の湖で不明に 乗っていたボートには息子だけ

  5. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです