メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定員の5倍収容 感染拡大と隣り合わせのフィリピン刑務所 日本人医師も支援

フィリピンで赤十字国際委員会(ICRC)の矯正医療チームを指揮する森田光義医師=2020年4月24日撮影、ICRC提供

 集団感染による爆発的な拡大リスクが指摘される新型コロナウイルスについて、赤十字国際委員会(ICRC、本部・ジュネーブ)が刑務所などの収容施設での対策支援を始めている。世界で最も収容が過密だといわれるフィリピンでの取り組みは、日本のヒントにもなりそうだ。ICRCの矯正医療チームを指揮する森田光義医師(46)に現状を語ってもらった。【聞き手・吉富裕倫】

--戦場での救護活動で知られるICRCが、なぜ収容施設での新型コロナウイルス対策を支援するのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです