特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

定員の5倍収容 感染拡大と隣り合わせのフィリピン刑務所 日本人医師も支援

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィリピンで赤十字国際委員会(ICRC)の矯正医療チームを指揮する森田光義医師=2020年4月24日撮影、ICRC提供
フィリピンで赤十字国際委員会(ICRC)の矯正医療チームを指揮する森田光義医師=2020年4月24日撮影、ICRC提供

 集団感染による爆発的な拡大リスクが指摘される新型コロナウイルスについて、赤十字国際委員会(ICRC、本部・ジュネーブ)が刑務所などの収容施設での対策支援を始めている。世界で最も収容が過密だといわれるフィリピンでの取り組みは、日本のヒントにもなりそうだ。ICRCの矯正医療チームを指揮する森田光義医師(46)に現状を語ってもらった。【聞き手・吉富裕倫】

--戦場での救護活動で知られるICRCが、なぜ収容施設での新型コロナウイルス対策を支援するのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1495文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集