メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定員の5倍収容 感染拡大と隣り合わせのフィリピン刑務所 日本人医師も支援

フィリピンで赤十字国際委員会(ICRC)の矯正医療チームを指揮する森田光義医師=2020年4月24日撮影、ICRC提供

 集団感染による爆発的な拡大リスクが指摘される新型コロナウイルスについて、赤十字国際委員会(ICRC、本部・ジュネーブ)が刑務所などの収容施設での対策支援を始めている。世界で最も収容が過密だといわれるフィリピンでの取り組みは、日本のヒントにもなりそうだ。ICRCの矯正医療チームを指揮する森田光義医師(46)に現状を語ってもらった。【聞き手・吉富裕倫】

--戦場での救護活動で知られるICRCが、なぜ収容施設での新型コロナウイルス対策を支援するのでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. ホンダが準決勝進出 先発・朝山が好投 西部ガス敗退 都市対抗

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです