メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ疑いの救急断る病院の苦しみ 不足する防護具「陽性だったら…腰が引ける」

医療用資材も不足している=福岡県内で2020年4月23日、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、命を守る現場でいま何が起きているのか。福岡県内の病院から報告する。

「発熱も受け入れるべき」「資材が足らない」議論は堂々巡り

 救急指定を受ける福岡県内のある中規模病院は、発熱やせきなど新型コロナウイルス感染疑いの症状があることを理由に、4月に入ってから救急搬送の要請を20件近く断った。

 看護部門の責任者は「院内感染対策はしっかりしているつもりだが、それでも、もし陽性だったらと思うと腰が引ける」と打ち明ける。この病院は往診や入院患者の受け入れなどで協力する高齢者施設を複数抱えているが、万が一、院内感染が起きれば、これらの施設を含め地域医療を支えられなくなる。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです