メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会津鉄道芦ノ牧温泉駅の見習い猫の名前決まる 公募に2255通

開花したサクラを見つめる駅員見習い猫の「さくら」=芦ノ牧温泉駅を守る会提供

 「猫駅長」で知られる福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅に仲間入りした猫の名前が「さくら」に決まった。

 さくらは、2代目名誉駅長「らぶ」(雄、6歳)と元施設長「ぴーち」(同、3歳)のきょうだいで、アメリカンカールという品種の猫。2019年12月24日に生まれ、雌とみられている。

 地元有志でつくる「芦ノ牧温泉駅を守る会」が2月から名前を募集。県内のみならず、英国やスペイン在住の日本人らから計22…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです