メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PCR検査外来、12府県が設置へ 限られる分析機関、人材・資金難も

防護服に身を包み、車に乗った患者から検体を採取する看護師=千葉県内の病院で2020年4月20日午後3時5分、斎藤文太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「PCR検査」(遺伝子検査)の拡充を目的に、厚生労働省が通知で各地の自治体に設置を促した「地域外来・検査センター」について、47都道府県のうち12府県が設置を決めたことが毎日新聞の調査で判明した。設置を検討中としているのは22都府県と半数近い。ただ、検査に当たる医療従事者や分析機関の確保がネックになり、設置に踏み切れない自治体もある。

 地域外来・検査センターは都道府県のほか、保健所を設置する政令市・中核市など85市、東京23区の計155自治体が設置できる。厚労省の通知は4月15日付。自治体が各地の医師会などに対し、検査を集中的に実施する機関の運営を委託でき、かかりつけ医などの判断で検査できるとした。

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  4. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです